新着
 児童生徒の実態に合わせて,楽器を選択したり,支援したりすることで,児童生徒自身が音を鳴らすことができます。また,障害が重いために自分自身で鳴らすことが難しくても,支援方法を工夫することによって,より実感がある演奏体験をすることができます。楽器を貸し出すこともできますので,ご相談下さい。   <楽器の説明> デスクベル 楽器を上からたたくと音が鳴ります。持って鳴らすことも可。1音ずつに分かれているので,必要な音を組み合わせて演奏できます。ベルの外にかわいいカバーが付いているので,ベルを鳴らした手をベルから離さなくても,きれいに音が鳴り続けます。半音もあるので,いろいろな調のメロディやベース音の演奏が可能です。     カラーチャイムバー バチでたたく楽器です。デスクベル同様、いろいろな演奏が可能です。   エナジーチャイム カラーチャイムよりも音が長く伸びます。鍵盤がむき出しになっているので,どの角度でも,少しの力で音が鳴ります。2つ横に並べて和音にして鳴らすこともできます。   レインスティック 長さ30cmの筒状で,動かすと雨が降るような優しい音が鳴ります。カラフルな粒が下に落ちるのを見...
ブログ
11/26
パブリック
    高等部では,10月28日(月)~11月1日(金)にかけて,進路体験学習を行いました。各生徒は自己の進路を実現するには何が必要なのかを考え,進路体験学習に臨みました。11月6日(水)の進路体験報告会では,パワーポイントを使い各生徒が学習した内容を発表しました。初めての現場実習で戸惑ったことや,仕事に対する取り組み方を学んだことなど,学校では学べないことを体験し働くことの意義を実体験することは非常に意義のあることです。今回の進路体験では,様々な取り組みが行われました。異なる環境において,いかに自己実現を図るかは大きなテーマです。それぞれの生徒の成長を見ることができた有意義な進路体験報告会でした。        11月10日(日)に藤崎を会場に特別支援学校文化祭,そして,県庁ロビーではみやぎ産業教育フェアが開催されました。本校からも高等部の生徒が参加しました。藤崎本館サンモール一番町側特設会場で行われた文化祭発表の部では「見せよう!我らの西多賀魂!!」と題し映像発表を行いました。また,藤崎一番町館3階では,パネル展示を行いました。みやぎ産業教育フェアでは本校生徒が製作したイラスト製品,ビーズ製品などを販売し...